はじめに

ここに、これから書く知恵ノートの要約を読む人に分かりやすくまとめて書いてみましょう。

例)●●の手順を書きます。

 中国旅行 ビザ延長

ステップ1

 中国本土旅行(香港は30日)では原則15日以内はノービザで行けます

15日を越えると L(エル)ビザ(観光ビザ)が必要になります

 

 中国は物価が比較的安い(大都市を除く)し、国土も広い(日本の27倍)、見るところも多いので、つい長居をしてしまいそうな国です また台湾とならんで漢字文化圏なので親しみやすいこともありますね

 中国滞在が90日を越えるとビザの延長手続きが必要です(1ヶ月延長可)

ステップ2

 延長手続き

(1)場所

 各大都市の公安(ゴンアン)局(日本の警察署に相当する)

通常公安局付属の出入境(チュールージン)办证大厅(日本の入国管理局に相当)が別棟で設置されています

 注意

 街中に点在する公安(日本の派出所)では取り扱っていない

ステップ3

(2)手続きタイミング

 

 ビザ有効期限最終日でも可 しかし書類不備があったらアウト(不法入国) 強制送還まではならなくても多額の罰金あり

 

 したがって最低でも2,3日前までには手続きしたい しかしあまり早く行くと申請日から1ヶ月延長なので実質延長期間が短くなってしまいます

 

(3)手続き書類

 

 パスポート、居住証明書、中国国内の預金通帳(残高3万元くらいは欲しい)

 ちなみに長春では2万1千元

 

(4)居住証明書

 通常3星以上のホテルで発行 臨時居住証明が発行される 安ホテルや連れ込みホテルでは発行されないので注意が必要

 

 マンションを賃貸している場合は、賃貸契約書やマンションのオーナー(主人)の管轄区域の公安(派出所)への出頭が必要になるので早めの準備が必要

 

 特に派出所の公安では、忙しい、担当者不在などの理由で即日受け付けてもらえないと思っていた方がいい 私の場合では10日も待たされたこともある(半分嫌がらせか?)

 

(5)延長ビザの受け取り

 申請から1週間後

 

(6)費用

 公式には160元だが、証明写真代、コピー代、発行手数料など250元くらい見ておいたほうがいい

 

 (無料相談コーナー)

 中国東北地方の旅行ガイドなどは、下記URLへ無料でご相談できますので、お気軽に

お問い合わせください

 

 http://www.business-support-no1.com

 

 

 (関連知恵ノート)

 

「中国旅行 携帯電話」「早業パスポート作成」「中国移住 一人暮らし」

 「中国企業進出事情」