f:id:swordfish-002:20170523135238j:image

iPhone5s

 

こないだの撤収の日、いつもより早めに終わることができたので、前から気になっていた駅ナカのたこ焼き屋さんに行ってみた。たこ焼きだけじゃなくて鯛焼きも売っている、そんなお店。小腹が空くであろう時間帯には中学高校生のほか、仕事帰りの人たちまで並んで行列ができる。

味も、ソースの他にポン酢、明太マヨ、ネギ、チーズなどがあるようで、どれだったか忘れたけど人気なのかいつも「品切れ」と出ているものすらある。今回はオーソドックスにソース。8個で380円。この安さも魅力なんだろう。

ソースとビール。うまい。ああ、ビールというか発泡酒というか、そういうやつ。

仕事がひと段落したことを一人でお祝いして、帰りの電車を待ちながらホームのベンチでちびちび食べた。

 

f:id:swordfish-002:20170523135248j:image

iPhone5s

 

味は普通。まずくもないがうまくもない。むしろ奇をてらわないのがいい。玉の大きさは割と大きめ。大きいからタコが小さく感じられたのか、そもそもタコが小さいのかは分からなかった。値段を考えると仕方ないか。

表面はかりっとしてたし、中はトロッとしていた。 よくあるたこ焼きという名の揚げ玉ではなく、ちゃんと焼いてあった。スーパーなんかで売られているたこ焼きなんか名前だけで、「タコが見当たらない揚げ玉」だからな。

割と簡単に食べてしまった。8個だもんな。これが10個だったらなおさらよかった。地元にあった「たこやき大阪」というチェーンたこ焼き屋は1パック15個でいくらだったかな、かなり安かった気がする。もちろん、玉の大きさは今回の半分くらいだ。あれもまた食べたいものだ。

 

さくっと食べて電車に乗って帰った。ちょっと満足感に溢れた帰路だった。