19日、脳科学者・茂木健一郎氏が自身のTwitter上で、日本音楽著作権協会(JASRAC)が式辞に著作権使用料を請求したとする報道をとりあげ、批判した。

発端は、4月に行われた京都大学入学式における山極寿一総長の式辞にある。その式辞では、米国歌手・ボブ・ディラン氏の楽曲「風に吹かれて」の歌詞の一節を使用しており、現在は同大HPで公開されている。同日付けの京都新聞の報道によると、ディラン氏の著作権を管理するJASRACは、このHP上に歌詞を掲載した分の使用料を京大に請求しているという。

茂木氏は、この記事のリンクを貼った上で、「日本でも、著作権上の『フェアユース』の法規定をちゃんとつくれば、このような不当な要求は封印できるでしょう」と指摘。そして「JASRACってひどい組織だな。。。。」と綴っていた。

2017年5月19日 12時55分 トピックニュース
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13083480/

コメント一覧
なにフェイクに釣られてるんだよ
ほんとだよね
脱税したくせに
またこいつかよ
宗教団体の創価学会は犯罪を犯してる

ドトールコーヒーは会員だ

集団ストーカー

赤羽馬鹿祭りは創価の悪魔の三色旗がなびいてる
脱税魔が偉そうにwww
ここはアメリカじゃない、で終わり
いや脱税は悪いけど
この件で言ってることはあってるじゃん
これ、どちらも否定してるのに
茂木はフェイクニュースにまた釣られちゃったの