今日はシェンツ先生のRLで、NOVAを遊びました。オンセだよ。

シナリオタイトル:re-collet BABEL システム:TNX RL:シェンツさん

新米くん:阿村友朗:28歳男性:アラシ◎カブト●カブトワリ 戦績的にも性格的にも、底辺でウロウロする日系傭兵。押し出しの弱い戦いぶりだが、僚機を必ず生還させるタフさを持っている。ハードなビズに慣れていないルーキー。

浅間忍さん:"イカロス"マルコ=ブラックハウンド:29歳男性:アラシ=アラシ◎カタナ● 軌道のエージェントとして動きまわった末、空に上るチャンスを友に譲った好漢。近接戦闘に特化した機体を操り、鋼鉄の血潮を滾らせるエース。

コバヤシ:"螺旋為す混沌(ラプンツェル)"神永秘名:外見10代女性:ニューロ◎ヒルコ●フェイト 喪失した五感の代わりに、万色の髪で世界全てを感覚する新人類。電脳空間への別次元の親和性を活かし、ウィザードとして戦場を支配する。超人に見えて思いの外ウェット。

以上のメンバーが主力の"ハミングバード独立小隊"が、今回のキャスト。神に見放された地に落ちた希望の種をめぐって、全世界を敵に回し、約束の地を目指して世界中飛び回るアクトでした。鉄と泥の匂いのするロボット紛争モノって、案外しっくり来る世界観が少ないのよね。

NOVAは良いシステムですし、NOVAでしか出来ないことが色々あるゲームなのですが、最近の流行りや好みを考慮すると如何せん重い。今回は最新鋭のシステム的叡智をフィードバックして、シェンツ先生が色々イジったシナリオです。個別導入ではなくチーム導入、情報項目を掘り下げつなぎ合わせるインフォメーション・ダンジョン構造の廃棄、イベント重視の進行とそれを補う小刻みなSPSの提示などなど。

狙いは非常に巧く行っていて、普段のNOVAより二時間ほど早く終わりました。こうして新しいことをシナリオの形で体験してみると、自分がいかに『NOVAといえばこういう形』という思い込みに縛られていたのかがよく分かる。NOVAの醍醐味・強みと思い込んでいたことを外してもNOVAはNOVAとして面白いし、色々工夫の甲斐はあるのだなぁという感想です。蒙を啓かれた印象。

NOVAらしからぬアレンジを加えたシナリオなれど、テーマや世界観はNOVAでしか出来ないものをたっぷり練りこんでいて、非常に面白かったです。社会構造を相手取り、鋼鉄の棺桶に片足突っ込みながら真っ向勝負するシナリオは、やっぱNOVAがよく似合うなぁ。

PLの二人もお互いの間合いをよく見てくれて、面白い掛け合いが出来ました。チーム導入ということで普段のNOVAとは勝手の違うミドルフェイズになったけども、スタイルを前面に出したロールプレイの応酬はやっぱNOVAの一番美味しいところで、大満足のプレイとなりました。

システムの強みというのは欠点を諦めるのではなく、意欲的な変革でこそ輝いてくるのだなぁと痛感させられる、面白いセッションでした。やっぱ速いセッションは集中力がキレなくて良いな。同卓していただいた皆さん、ありがとうございました。良いセッションだった。