妄想性人格障害とは
妄想を自ら生み出すことによって身を守る性格です
つまり、上手に人間関係を築くことができない人に多い
人間は朝から晩まで陰口、悪口を言っています
しかし、その多くは忘れて妬んだり、憎まれたりすることはありえません。
更に多少憎まれても一億5千人の日本人よりも少ない割合な為
相手にさほどすることはありません
しかし、自分の社会的基盤が小さい為
少しの憎まれ事で一憶5千人の日本の人口に恨まれていると感じています
この為、自ら自分に近い人間に対して妄想を生み出すことによって
被害を受けていると知らせて自分の情報を漏らさないように努めています
しかし、この人格障害の場合
勝手に妄想を生み出すため
妄想に締切日はありません
つまり、人間の世界では浮足立ちます
では、この様な妄想性人格障害に対応する方法はあります
些細なことで良いので気が利いて立ち回りが早いように
相手に思わせること。
つまり、自ら近い人間が行うことによって妄想性人格障害は完治できます
しかし、助けすぎるとそれが当たり前となって浮足立ちます